悲しみや切なさは、人間が一番避けたい感情なのに、そんな小説を書く人は、どんな神経して書いてんだろう?

って一瞬思ったんだけど、そうじゃないんだよな。

そういう状況下で、見えてくる普段気にも留めなかったことや当たり前と思ってたことを、
かけがえのない大切なものとして、浮かび上がらせるために描いてるんだよな。

ある意味ライティングテクニックのようなものと言ってしまえば、そうかもしれないけど、
僕はオッサンだけど、そういう展開の小説にクソ弱いんだよ。


君の膵臓をたべたい
by カエレバ

とりあえず、今年読んだ本の中では一番良かった。

これが住野よるさんにはデビュー作なのか。すごいなー。
すごくキレイに書かれている(詰まらないということではなくて、無駄がない感じ)し、構成力とかテンポも優れてるなーと本を読まない僕は思った。

それはそうと、自分の中では桜良は、ショート髪設定の女の子だったんだけどな。
そこだけが、惜しい。